出来るだけ肌へのダメージを減らすように

30歳を超えてから、肌へのダメージがなかなか消えず、そのままシミやしわになって残るように感じることが増えてきました。若いころはいくら日焼けしてもしばらくすれば戻っていたのに、なんとなくくすんだりまだらになった日焼けの後が戻りません。さらに肌が乾燥しやすくなり、ちょっとしたことで切れてしまう事もあります。

傷は治ってもその部分がしわとなって残ってしまう事も増えてきました。

もともと肌が弱いので仕方ないと思いつつ、何とかしたいと思うようになり、対策をとるようになりました。

 

まず、日焼けのダメージをできるだけ早くなくすことが出来るようにビタミンCを中心としたサプリメントを毎日取るようにしています。

美白効果があるという事なので、体の中から少しでも変えられることがあればと思い始めてみました。

肌が弱いので、あまり強い化粧品などが使えず、肌の外からのアプローチが難しいため、こうした形で体の中からできることがあるというのは嬉しいところです。

一年ぐらい続けています。劇的な効果があるというわけではありませんが、これからも続けてみようと思っています。

 

シミができる前のケアとして、一年中日焼け止めを忘れないようにするという事を意識しています。

日焼けは一度してしまうとダメージが大きいものです。シミとして残るだけではなく、シワの原因ともなってしまいます。そのため、ちょっとした外出や洗濯物を干す際にも日焼け止めを忘れないように気を付けています。日常使うものは低刺激の赤ちゃんも使えるようなものでまめに塗り直し、一日中外を歩くような日は落ちにくいものを使うようにしています。体の部分も紫外線が気になるのですが、肌が弱く腕などは湿疹が出やすいため、できるだけ日焼け止めを塗りたくないという思いから、真夏でも長袖を着用して出かけます。

 

体質の問題もあり、化粧品でのケアがなかなか難しいという事情がありますが、このような形で肌へのダメージを減らしてシミやしわを軽減できるように努力しています。