お顔の筋トレ中

40代後半から顔のたるみがひどくなってきました。特に地下鉄に乗った時に窓に映る自分の顔を見たら泣きたくなりました。地下鉄の窓に映る顔は、より一層しわが目立って見えます。

目の下、ほうれい線、口の左右にあるマリオネット線がくっきり映り、ドレープのようになっていました。そこで考えたのが、お顔の筋トレです。

時間を見つけては出来るだけ長い間口角をあげ気持ち悪いくらい微笑みます。人が見ていると不審がられるので、一人の時や車に乗車中に微笑みます。ほっぺがキュッと筋トレされるのが自覚できるくらいに微笑みます。微笑みながらウインクをして、広範囲の筋トレもします。その時はウインクした方のほっぺだけ口角をあげます。車の運転中はウインクは出来ませんので、家などで一人の時やトイレの中でウインクほほ笑みします。

 

それから舌の筋トレもします。

目線を上に向けて片手で側頭を押しながら顔を傾けて舌を思いっきり出します。これはずっと前にテレビでどなたが紹介していたものだったと思います。反対側も首を横に傾けて舌を上に向かってあげます。

他には口を閉めた状態で舌で歯の周りをぐるっと回すのも10回ずつもしています。お年寄りの嚥下体操にも取り入れられている体操で意外と舌が疲れる体操です。

首にたて筋が出来るほど「いー!」と言う口の形をしながら上を向くこともします。

 

それからカラオケで大きな口を開けながら2時間くらい一人で熱唱します。

時には4時間くらい一人で熱唱することもあります。ほっぺが知らず知らず筋トレできますし腹筋のトレーニングにもなりますのでカラオケは私の中ではスポーツクラブ的な感じです。

 

スキンケアはしわが深い時はしわを伸ばすようにしてしわの中まで化粧水等が染み渡るようにします。

以前は首のしわが深かったので、そうしていましたが、今は少しずつ改善してきているように思いますので伸ばさなくて良くなりました。長い時間全力で微笑んでいると気分が明るくなってきますので、ほほ笑み筋トレはおすすめです。